読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ポリンキー・ポロン】ep.2

 そう、上の階はボーリング場だ。
 すると、百歩譲って、落ちてくるにしても、ボーリングの球かピンであったらまだ納得出来た。
 しかし、よりにもよって、ポリンキーとは。
 ふとポリンキーに関する記憶を呼び起こす。
 昔、この菓子に顔がついたキャラクターが、軽快な音楽に合わせて、「ポリンキーポリンキー、三角形の秘密はね。教えてあげないよ」などと歌うコマーシャルがあったような気がする。
 それも、懐かしのコマーシャル特集とかいう番組の中で紹介されたので、生で実際に流れていた時代を知らない。
 そこで気づく。
 よもや、今さっき何もない空間からポリンキーが落ちてきた事象。
 それこそがポリンキーの秘密とでもいうのだろうか。
 まさか、そんな。
 もし仮にそれが秘密だとして、誰がどうやったのだ。
 いや、ポリンキー自体の秘密だから、誰ということもないのか。
 だが、商品として売られているなら、必ず開発者がいるわけで。
 企業秘密ということなのか。
 あの歌を考察するに、ただ単に製造方法のことを言っているわけではあるまい。
 あくまで個人の考察にすぎないが。
 だが、いかんせん時代が前すぎる。
 菓子自体は一般的に売られているにしても、コマーシャルの意味について答えられる人はまだご健在だろうか。
 そうじゃない。
 コマーシャルは別として、ポリンキーが突然現れるなどということは起こり得るのだろうか。
 ここで一人で煩悶していても答えの出る気はしない。
 家で葉書でも書いて送るとしよう。
 それより、さっきからチーズの香りが漂ってくるのである。
 後方から。
 もう一度振り向いてみる。
 もし、無くなっていたらという恐怖に似た思いもあったが、幸いそれは同じところにあった。
 それから、自分は何を思ったか中腰になって手を伸ばしたのだ。
 そして、その菓子を摘んで、食べた。
 うまい。
 網目が活かされた、サクサクとした食感。
 安心感を覚える、甘口の味。
 そして、鼻を抜けていくチーズの風味。
 最後にそれを食べたのはいつだったか見当もつかないが、相当前なはずだ。
 そうか。
 忘れて欲しくなかったんだな。
 一人飲み終わったコーヒーカップの底を視界に捉えながら、何度も菓子の味を反芻しながら頷く。
 飲み終わった後だが、この塩の塩梅はコーヒーにも合いそうだ。
 思い出した。
 がきの頃にスナック菓子一つ買って貰えなかった貧しい家庭を。
 そして決めた。
 今の自分には金がある。
 店を出たら、一袋買いに行こう。
 駅前のコンビニならきっと売ってるだろう。
 そのとき、上からごろごろごろと地響きに似た音がし、まもなく、先ほどとは比べ物にならないくらい濃厚なチーズの匂いが漂ってきた。

(終)

【マーク】

たばこ?

知らないっすよ。
あっ、そこに禁煙のマークついてますよ。
禁煙の、うん。
いやいやいやいや。
ダメでしょ、吸っちゃ。
確かに人は少ないけど。
いやいや、そういうことじゃなくて。
人いるじゃん。
いや、既にあの人も吸ってそうとかじゃなくて、確かにぱっと見俺もそう見えるけど。
見える"けど"!
見える"けど"な。
実際どうかは聞いてみなきゃ分からないじゃん。
気になるんなら聞けよ。
じゃなきゃ分からねぇよ。
てか、そんなのどうだっていいんだよ。
店のルールなんだよ。
感情的に言えばいいと思ってんだろ。
とりあえず切れれば言うこときくと思ってんだろ。
お前色んな人に対してそういう傾向あったけど、ついに俺にも発揮してきたな。
見逃さねぇぜ。
例えば、例を出そうか。
いや、その前に古くからある言葉を教えてやろう。
郷に入っては郷に従えっていうんだよ。
聞いたことあるかなぁ。
ないよなぁ。
まぁ、学校じゃあ習うところと習わないところあるからなぁ。
仕方ねぇよなぁ。
別にことわざなんて覚えなくても生活困らないしなぁ。
でもなぁ。
説明すれば、分かるんじゃないかなぁ。
そうだ。
お前この前、ハワイ行ったらしいじゃん。
ちらっと聞いただけだから、どこらへんかとか、何泊かとかは知らねぇけど。
そこで日本語通じたか?
通じないよな。
なぜ通じない?
そりゃ、その土地の風土ってやつだよな。
俺たちの知らない間に、日本語ではなく、主に公用語である英語を使って独自の発展を遂げてきたんだ。
この店も同じ。
俺たちの知らないところで知らない間に独自の発展を遂げてきた。
その流れでたばこが吸えなくなっただけのこと。
ネイティブのアメリカ人に日本語で必死に伝えようとしても無理だろ。
もしどうしても伝えたいとするなら、一からレクチャーしないと。
それも、ハワイの人たち全員に日本語を分かって欲しいとするなら、とんでもない時間と手間が掛かる。
そして沢山の現地人に声を掛け、それに付き合ってる暇はないとネイティブスピークで言われようものなら、交渉は決裂だ。
そこで、お前の役割は終わりさ。
同じように、ここでどうしてもたばこを吸いたいなら、この店のネイティブにじっくり時間をかけて理由を説明しなきゃならない。
ここでいうなら、店長だわな。
話し合ってもまとまらないようなら、お前は黙ってこの店を後にするしかない。
そういうこと。
分かった?
分かったろ。
分かってよ。
分かったでしょ?
えっ?
だから禁煙だっつってんの。
禁煙だっつってんの!
吸うなっつの。
だぁ、吸うなっつの。
書いてあるでしょ。
ほらマークで。
だから吸うなっつの。
ちょっと、一旦止まってもらっていい?
ほら、これ。
マーク。
これどういう意味?
よく駅とか広場でも見るでしょ。

そんなやらしい意味じゃねぇよ。

(終)

広告を非表示にする

【ポリンキー・ポロン】ep.1

 休日、喫茶店でコーヒーを飲んでいると、右肩にポリンキーが落ちてきた。

 ポリンキーとは、三角形の網目状のスナック菓子である。
 かじるとサクッとした食感の後から、香ばしいフレーバーが味蕾を刺激する。
 その、ポリンキーが不意に落ちてきたのである。
 注文して来たアメリカンコーヒーを一口飲み、一息つき、最近の出来事の回想を重ね、午後をどう過ごそうかと、カップをもう一度口に運ぶ途中である。
 まずは、仄かにチーズの匂いが漂ってきたことを覚えている。
 それから、カサッという音とともに肩を何かが掠ったのだ。
 紙か何かだと思った。
 レシートか手拭きのナプキンが天井に張り付いていて、それが何かの拍子に空気抵抗を感じながら落ちてきたのだと。
 だが、コンマ何秒か後にカツンという微かな音波が足元で広がった。
 そして、一層チーズの匂いは濃くなった。
 直前まで飲もうとして止まっていたコーヒーを口に運び、少しばかり気を落ち着ける。
 カツンという音は背中の方からした。
 何を思うでもなく、後ろを振り向く。
 背後のシートは無人である。
 だが、その上には黄色い網目で出来た三角の形をした物があった。
 菓子か。
 馴染み深い形をしていたので一瞬で見抜くことができた。
 そうか、とここで気づく。
 きっとさっき右肩を掠った物はレシートでもナプキンでもなくこの菓子であり、その後のカツンという音は、木で出来た背もたれの上部にそれがぶつかった音ではないか。
 よく見ると、音のした辺りに菓子がぶつかって粉砕した粉が付いている。
 間違いない。
 とすると、この菓子は上から落ちてきたということになる。
 当然、見上げる運びとなる。
 そこには、小さな三角形の穴が空いており、よく見るとそのサイズ感と形は先程の菓子と瓜二つ。
 などということもなく、茶色い木材の天井にモダンな照明がぶら下がっているというぐあいだった。
 ならば、この黄色い物はどこから現れたのか。
 一応立ち上がって照明の裏を確認してみたが、何もそれらしい仕掛けはなかった。
 天井裏に誰かがいて、タイミング良く落としたとでもいうのだろうか。
 馬鹿馬鹿しい発想だが、天井板をずらして物を落とせる切れ目は見当たらなかった。

 それより、上には何か施設が入っていたような気がする。

 入る前に何とかボウルとかいう看板が目に入った。

 

(続く)

 

【ネズミー】

俺ちょっとモノマネ習得したわ

えっ? 昨日あれでしょ。細かすぎて伝わらないやつやってたからそのやつ?
俺それ見てないけど。ミッキー・マウスっているじゃん。ディズニーランドの
あ、あれか。えっ、ダンスとか?
ちゃうちゃうちゃう。自己紹介
あーぁ、声。やってみてよ
ゔぅ″ん″……やぁっ、ボク、ミッキーだよぉ!
だはははははは! 超似てるじゃん! だっははははは! もう一回、もう一回やって
ゔぅ″ん″……やぁっ、ボク、ミッキーだよぉ!
だっはははははは! がぁがぁがぁがぁ! ばはっ! ふぁっ! うわははははは!
すきなたべものは、チーズだよぉ!
ぶわっ! ふわっ! だはははははは! はははははは!
ゆめのくにへようこそぉ!
あははははは! あっは! ぶへっ! ふぁっ! あっははははは! 似すぎ! どうやんの
喉の上の方に音を反射させて、声帯をきゅって絞るんだよ
ムズイわ! んっ……やぁっ、ぼごっ、あぅぇん! ぇほっ! ぅほっ! ごほっごほっごほっ。……無理だわ。ちょっと待って、飯田とかに見せようぜ。あっ、飯田! ちょっと来て!
わぁ? えっえっ? 図書室行こうとしてたんだけど
いいからいいから。新しいネタが入ったから
なっ、何のこと?
新しいネタが入ったんだよ。な! ミッキー!
やぁっ、ボク、ミッキーだよぉ!
ぎゃっははははは。あっは! やべぇ、ツボに入った!
へーえ、すごーい。似てるね。そういえば昨日モノマネのテレビやってたよね
ちょっ、ちょっと飯田もやってみて
え? ぼ、ぼく? ぼくはあんまりそういうの得意じゃないから
いいからいいから。コツは、喉の上の方に跳ね返らせるんだって
何それ。へ? 喉の上の所?
裏声みたいな感じだね
あぁ。うーん。はははっ、ハピネスっ!
ぎゃははははは! パレードのときのだ! だっはっはははは! パレード! パレード! わっははははは!
やればできるもんだねっ!
ばっはっ! ぶはははははは! 似すぎかよ! 言いそう! 言いそう! がはははははは! かぁかぁかぁかぁ! 俺も挑戦してみるわ! やっ……やぁっ、ボク、ミッキー・マウスだよぉ!
……
だぁっはっはっは!
わぁっはっはっは! うまい! うまい!
はぁはぁはぁはぁ! ひぃひぃひぃひぃ! ぶわっは! いぃー、くるしぃー!
出来たわ! だははは! 出来たわ!
じゃあ、みんなで合わせてみるか
うん
せーのっ
やぁっ! ボク! ミッキーだよぉ!
ばぁっはっはっは! あーっはっはっは!
ぎゃっはははははは! あひぃひぃは!
ぼこっ! ぶひっ! なぁっはっはっは!

 
(終)

広告を非表示にする

【二人だけめっちゃ喋ってる】ep.2

もう、がぁがぁがぁがぁうるさいなぁ! うん、まぁ、そんなことはいいんですけど、ボクこの間、後輩と水族館に行ったんですよ。
えぇぇ! 話急! もんのすごいカーブしたな! まぁまぁまぁ、聞きますよ。水族館に行ったんですか。
そうです。で、ふれあいコーナーみたいのあるじゃないですか。
あぁ、ヒトデとか貝とかを触れるアレですか。
そうそうそう。でも、その時は魚だったんですよ。
なるほど。
触りたいなぁと思ったから、時間になってからふれあいの場所に行って並んでたわけですよ。
はいはい。
それで行った時には既にけっこう並んでたんで、それでも五分ぐらいかなぁ。待ったわけですよ。
はい、それで。
で、いざ順番回ってきたら、急に怖くなってきちゃいまして。
何がですか。魚がですか。
はい、まぁ。可哀想じゃないんですけど、魚は全然食べられるんですよ。でも、触るとなると、ちょっと生っぽい感じがね。
魚触るの恐怖症ですか。
それで、急遽病院で診断してもらったら、魚触るの恐怖症だったんですねぇ。
嘘をつけ! 嘘を! 何をちょっと怖い話風に話してんだよ。
ちょっと話し方の勉強してるんですよね。
いらない! いらない! ちょっと真面目っぽいのいらない!
あっ、全然話変わりますけど。皆さんね、今日がゴールデンウィーク最終日ということで、明日から仕事や学校だよ、なんて方もいるんじゃないでしょうか。安心してください。我々芸人はゴールデンウィーク関係ないんで。
はい。自虐が冴え渡ったところで、準備が整ったようですよ。
このタイミングですか。
それでは早速登場していただきましょう。スペシャルゲストの、ルーティン平井さんとぱんずボーイのお二人でーす!
どうも、こんにちは。
こんにちはー!
盛り上がってますね。
ボクらの時と全然違いますよ。
やめてください、そういう話は。
それでは、お三方はこちらの椅子に掛けてください。あっ、大丈夫ですか。ちょっと狭いようですけど、何ならボクが椅子になりますんで。
いやいやいや、意味が分からないです。誰も得しないですから。
マジで今のはごめんなさい。
それでは、謝罪も兼ねて真面目にルール説明をお願いします。
今日はクイズに挑戦してもらおうと思います。
今回B級グルメ祭りということで、ご当地のB級グルメをご用意しました。それを一人一品ずつ食べてもらって、グルメレポートをしてもらいます。お客さんに投票してもらって、一番レポートのうまかった方に生きている魚を触れる権利を差し上げます。
違うでしょ! そんな巧妙な前フリじゃないでしょ! 本当は何なの。
レポートが最下位だった人には一発ギャグを披露してもらいます。
そうですね。では、どのB級グルメをレビューするか、このくじで決めて頂きましょう。じゃあ、まずはぱんずボーイのお二人からいきますか。
はい。じゃあ引きまーす。
はーい。一つですよね。
そりゃそうでしょ。どんだけ食べたいんですか!
はははは。
はい。出たようです! フルートさんは……網目たい焼きですね! そして、おかピーさんは、旗山うどん!
では、残りの一つをルーティンさんにも引いてもらいましょう!
これ私引く必要ありますか?
まぁまぁ、それっぽく引いてください。
あー、どれにしようかなぁ。んー、これだ!
いいですねぇ。それっぽい。そして、メニューは、味噌ねぎ餅!
おおー。出揃いましたね! 裏にメニューは用意してあります。この中でレポートが一番うまい、また一番下手なのは誰なんでしょうか!?
あれ、ボクの分はないの?
ありません! ありません! ボクらは司会ですから! 二人で進行をしましょう。
えー。じゃあ、一人一人が食べ終わった後に、ボクが食べて感想言いますから。
いい! いい! いい! いい!

 
(終)

【二人だけめっちゃ喋ってる】ep.1

はい。こんにちはー!

こんにちはー!
どうもどうもどうもー!
初めまして! あの、急に現れて誰やねんみたいな顔しないでもらえます? まぁまぁ言うても、いわゆるメジャーな所にはあんまそんな出ないので、知らなくて当然なんですけど。えっと、ちなみに、ボクらのこと前から知ってたよ、知ってるよって方っています?
あー。でもけっこういますね。
もしかしたら、イベント前に調べてくれたかもしれないですね。
じゃあ、調べて知ったよって人は逆に手降ろして下さい。
あっ、でもあんまり下がらないってことは前から知っててくれたってことですかね。嬉しいですね。
そうですねぇ。大体どこ行っても挙がらないんですけど、ここの方々は優秀ですね。あっ、ちなみにあの辺で手挙げてるのはボクの知り合いです。
それ言わないで欲しかったわ。ボクもちょっと見たことあるなとは思ってたんですよ。まぁ、そんなことはいいんですよ。それよりね、知らない方がどうしても多いみたいなんで、自己紹介しましょうよ。
じゃあ、いつものアレ、やっときますか!
ぶーんぶーんぶーん。
あっ、あれは! 鳥だ! 飛行機だ! スーパーマンだ! いや、タコだ!
フライングオクトパスでーす!
よろしくお願いしまーす!
あっ、拍手ありがとうございます! いいんですよ、ボクらみたいな下流芸人には勿体無いんで、誕生日とかに取っといてください。
下流って言うなや! 自分で自分の評価下げんなや。あぁ、でも、誕生日に拍手を取っとけっていうのは正直センスあると思うぞ
出たぁ! 上げといて落とす! あっ、間違った。下げといて上げる! 今噛んだところカットしといてくださいね。
ならんわ! 生だっつの! いやー、でも今日は暖かいお客さんで嬉しいですね。
まぁ、ボクら終始こんな感じなんで、あんまり期待しないでくださいね。ははは。
おっと、そうこうしてるうちに準備が出来たようですか。……まだですか。あっ、まだということで。
なるほど。もうちょっとだけね。ボクらの大爆笑トークをお楽しみください。
ハードル上げんなや。あれだよ、お前。初見だとけっこう大目に見てくれんだから。この前、二回目に行ったどこだっけ。
あっ、ちょっと後ろごたごたしてるみたいですけど、帰らないでくださいね。後ろのお父さん、今立ち上がりかけましたけど。この後、ルーティン平井とぱんずボーイ出てくるんで。本当です。本当にいますから! どうか信じてください!
誰も疑ってねぇよ! てかさっき裏で挨拶しただろ。
……。
黙るなや!

 

(続く)

【the hatter】

不思議の国のアリスにでてくる頭のおかしい帽子屋を模している)

A「ショートモノマネ 帽子屋」

A(若手漫才師のように手を叩きつつ前に出ながら)はいどうもー、帽子屋でーす
B(手を上げてアピールしながら)あいどうもー、客でーす
A 二人合わせて
AB 帽子屋と客でーす

B がらがらがら
A (電話に出る素振りで)はい、もしもしー?
B(無線機に話す素振りをしながら)もしもし、帽子ください、どうぞ
A (カウンターの上にあったものを渡しながら)はい、こんなんでどうでしょう?
B そうそうこれこれ、ドリブルトントントンってこれバスケットボール!
A(銀色のベルを押す)チーン
B(ゴルフクラブでボールを打つ)
A ゴォォォル!
B じゃなくて帽子を探してるんですよー
A はいこれね
B そうそうこれこれ、こうやってかじってってこれワサビじゃねぇか、辛ぇー! 本ワサビ
A お水用意しましょうか?
B いぃいぃ、そうじゃなくてバスケットボール探してるんですよ
A はいこれね
B そうそうこうやって被って、ってこれ帽子じゃねぇか!
A なかなか似合ってますよ?
B いやそーいうことじゃなくて、って俺何を探してたんだっけ?
A お水じゃないですかぁ?(コップを置く)
B そうそう、水を(飲む)ってこれ水じゃねぇかぁ!

 

(終)

広告を非表示にする