ミき下の【スミつき】

Overturn Of Encephalon

【スミツキ】

羽子板で負けた あの板で


数えると七回目 無風なら勝ってた

知ってた 分かってた 明日から

その前から そのずっとずっとずっと前から

頰のバツ ひっくり返ったバケツ 俺が罰

伸びる圧 閉じるまず 出来ます 今日パス

ひたすら待つ 行ってしまったバス

潰す 戻らない 走らない 回収

列挙 理由 一連 校正

追う 棘蝶々魚 逆さ鯰 見る

未読 不調 海底 有り体 知るだけ

今だけ 忘れないように書いていい かな

AorB 偶発的なリアル 介在 地点 雷鳴

砂の上 深い容器 建物の隙間に 長い影

トングで掴む熱い曲型 注ぐ 矛の向いた先に

来る 満ちた 手繰る 道 脱

カツ乗せた飯 試し 望むか 次を

試合で勝った 犬を飼った た た た 

思ってた

提灯が登る 立体感が消える 最初から最後まで鳴らないブザー

黙った 参ったの合図 喋ったが負けたの一方通行

街全体が巨大な工場で 機械は農場で

家が夢の中で 悪夢の中に帰ってゆく

散る 遅る 満ちる と その一部

水 コップ 溜める こぼす

揺蕩う 漂う 架空の漂流記

斬る 減る 舞う ぎりぎり ノマ

君は君で君は君で君 気にしない

立ち上がる テル 思い出す ホテル

照る ミラクル ベンチ形 表面

とっくに番号は使われてなくて

やっぱりと半笑い 耳を塞ぎ鏡を叩き割る

景色に見とれないように 固く目を閉じて

服の袖で鼻をつまんで急いで家に帰った

その夜は静か 無理に捻り出す 娯楽

ゼロ位置から連続へ 非連続から丸太の穴へ

一日一枚 見ないで描くなら 焼いた木

こすって つくった 書き初め 海と空

一見意味有り気なきっかけのみの存在

気取る 空気 総攻撃 平面 裏

もう誰も知らないような音楽を聴いて

誰もが顔をしかめるような映画をつけて

内側から外 不確実な実験室

既に失った絵本の再現を

見るだけの手紙 ありふれた用紙

欠かさず話してるのに ぶにょぶにょ

足りない 合う 染まる 興味 不如意

太鼓判 祝辞の歯 カラス タイツ

革靴 掲示板 スーツ 曇りガラス

スミつき 住みつき 墨つき すミツキ

教室の正面を体を表す具で塗った

ない

足首に絡みつく海藻に絡みつく海藻に絡みつく海藻に

ない

捨てた石と打たれる花火の延長線上今を確認するために壁に傷をつける

ない

食べられちゃうか食べられに行くか

ない

仮 誰 何 言う 思う 真似 

有 彼 間 ニュ 奪う マネ

時 列 わかる 唯 カエル 唯

限 必 全 事 永久 無変

ある ま だ 今日

仮 誰 何 言う 思う 真似

有 彼 間 ニュ 奪う マネ

時 列 わかる 唯 カエル 唯

限 必 全 事 永久 無変

ま。た。あ。し。た。

(終)

広告を非表示にする