読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミき下の【スミつき】

脳の溶ける文章

【食べる男】ep.1

 食べる男。
 市民祭り開催中の公園の出入り口近くの、アップテンポなハワイアンミュージックが漏れ聞こえる白いテントの中、和気藹々としたムードの現役女子大生に囲まれつつ、雨上がりの寒さに震えながら安価な仕出し弁当を食らう二十三歳非正規雇用の男。
 コンビニでイートインスペースへと続く列に並びながら出来上がってしまったカップ焼きそばをすすり込む男。
 メロンパン一個とスイスロール一本を平らげた後に、鍋焼きうどんの大盛りに薬味を大量に入れて食べる男。
 台湾まぜそばと豆乳担々麺を延々とかきまぜて、最終的に食べる男。
 玄米茶を一日で三リットル飲む男。
 おれが某コンビニの大盛り明太子スパゲティを食べるときは百パーセント心身が荒んでいる時だ、と唱えながら天然水の沖縄産アロエ味をラッパ飲みする男。
 注文した大盛りもりそばのそばつゆに約五十振りの七味を投入し、およそ五分足らずで食べ終えた後、そのつゆを一気に飲み干し、顔面から汗をダラダラ流しながら胃袋が焼けるような苦しみに悶える男。
 忘年会の前にだいふくのアイスと冷しラーメン(ピリ辛味)一人前を食べる男。
 繁華街高架下の工事現場の前で一リットルの紙パック牛乳をストローでチューチューしている男。
 熱々のチリトマト味のカップ麺に千切りキャベツを勢いよく放り込み、ジャケットから少し覗いた白いワイシャツを汚す男。
 かつてアルバイトしていた遊園地で最もお世話になった方に食事のお誘い長文ラインを送ってしまったなどと心中で呟きながら一リットルのブレンド麦茶を飲み干す男。
 盛りそばの特盛りをたいらげた後にカレーパンと寒天ゼリーを食べる男。
 お湯を注いで五分経ってから半分食べ、もう五分置いてから残りの半分を食べる男。
 おせんべいを配った後におせんべいを食べる男。
 人気ユーチューバーが百点満点中五点をつけた、パクチーのありったけ入ったカップ焼きそばを半ば勢いで平らげた後にゆっくりと一緒に買っておいた辛子明太子おにぎりを食べる男。
 朝に顔を合わせたときではなく、一日が終わってから新年の挨拶回りをした後に残っていたペットボトルの水を一気飲みする男。
 リプトンを飲む男。
 千切りキャベツを一口食べてスパイシーチキンを一口食べて、また千切りキャベツを一口、スパイシーチキンを一口食べて、タンドリーチキン風サラダチキンを食べる男。

 

(続く)

広告を非表示にする