読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【二人だけめっちゃ喋ってる】ep.2

もう、がぁがぁがぁがぁうるさいなぁ! うん、まぁ、そんなことはいいんですけど、ボクこの間、後輩と水族館に行ったんですよ。
えぇぇ! 話急! もんのすごいカーブしたな! まぁまぁまぁ、聞きますよ。水族館に行ったんですか。
そうです。で、ふれあいコーナーみたいのあるじゃないですか。
あぁ、ヒトデとか貝とかを触れるアレですか。
そうそうそう。でも、その時は魚だったんですよ。
なるほど。
触りたいなぁと思ったから、時間になってからふれあいの場所に行って並んでたわけですよ。
はいはい。
それで行った時には既にけっこう並んでたんで、それでも五分ぐらいかなぁ。待ったわけですよ。
はい、それで。
で、いざ順番回ってきたら、急に怖くなってきちゃいまして。
何がですか。魚がですか。
はい、まぁ。可哀想じゃないんですけど、魚は全然食べられるんですよ。でも、触るとなると、ちょっと生っぽい感じがね。
魚触るの恐怖症ですか。
それで、急遽病院で診断してもらったら、魚触るの恐怖症だったんですねぇ。
嘘をつけ! 嘘を! 何をちょっと怖い話風に話してんだよ。
ちょっと話し方の勉強してるんですよね。
いらない! いらない! ちょっと真面目っぽいのいらない!
あっ、全然話変わりますけど。皆さんね、今日がゴールデンウィーク最終日ということで、明日から仕事や学校だよ、なんて方もいるんじゃないでしょうか。安心してください。我々芸人はゴールデンウィーク関係ないんで。
はい。自虐が冴え渡ったところで、準備が整ったようですよ。
このタイミングですか。
それでは早速登場していただきましょう。スペシャルゲストの、ルーティン平井さんとぱんずボーイのお二人でーす!
どうも、こんにちは。
こんにちはー!
盛り上がってますね。
ボクらの時と全然違いますよ。
やめてください、そういう話は。
それでは、お三方はこちらの椅子に掛けてください。あっ、大丈夫ですか。ちょっと狭いようですけど、何ならボクが椅子になりますんで。
いやいやいや、意味が分からないです。誰も得しないですから。
マジで今のはごめんなさい。
それでは、謝罪も兼ねて真面目にルール説明をお願いします。
今日はクイズに挑戦してもらおうと思います。
今回B級グルメ祭りということで、ご当地のB級グルメをご用意しました。それを一人一品ずつ食べてもらって、グルメレポートをしてもらいます。お客さんに投票してもらって、一番レポートのうまかった方に生きている魚を触れる権利を差し上げます。
違うでしょ! そんな巧妙な前フリじゃないでしょ! 本当は何なの。
レポートが最下位だった人には一発ギャグを披露してもらいます。
そうですね。では、どのB級グルメをレビューするか、このくじで決めて頂きましょう。じゃあ、まずはぱんずボーイのお二人からいきますか。
はい。じゃあ引きまーす。
はーい。一つですよね。
そりゃそうでしょ。どんだけ食べたいんですか!
はははは。
はい。出たようです! フルートさんは……網目たい焼きですね! そして、おかピーさんは、旗山うどん!
では、残りの一つをルーティンさんにも引いてもらいましょう!
これ私引く必要ありますか?
まぁまぁ、それっぽく引いてください。
あー、どれにしようかなぁ。んー、これだ!
いいですねぇ。それっぽい。そして、メニューは、味噌ねぎ餅!
おおー。出揃いましたね! 裏にメニューは用意してあります。この中でレポートが一番うまい、また一番下手なのは誰なんでしょうか!?
あれ、ボクの分はないの?
ありません! ありません! ボクらは司会ですから! 二人で進行をしましょう。
えー。じゃあ、一人一人が食べ終わった後に、ボクが食べて感想言いますから。
いい! いい! いい! いい!

 
(終)