読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ごはんセット大佐】ep.1

ごはんセット大佐! ごはんセットのご用意ができました!

ほほう。いつになく早いな。お前にしては上出来じゃ。前回の反省を活かしたというわけじゃな
はっ。左様でございます
何だって以前のお前は、用意が遅すぎてわしが飯を食べ終わって、風呂に入って、出てきて床に着く間際に持ってきたわけじゃからな。あのことは向こう十年決して忘れんぞ
かたじけない所存です。しかし、あの失態は忘れて頂きたく存じます
おっと、こりゃあ悪かった! つい、過去に囚われて昔の出来事をあたかも昨日のことかのようにねちねちといつまでも繰り返して他人を見下したいだけの浅はかでつまらない人間に成り下がるところじゃった
大佐は立派なお方です。私もこれからは心を入れ替えて、二十四時間三百六十五日、大佐第一の精神で臨んで参ります
ほほう。良きこと良きこと。しかしな。せっかく用意してもらって何なんじゃが、わしはまだ何も腹に入れておらん
空腹の状態ではご不満でしょうか
そういう問題じゃない。お主は漬け物と味噌汁だけでご飯一杯いけと言うのか。それは普通の人には不可能じゃ。決して出来ることじゃあない。それをわしに期待するなど、お前はとんだ不届き者じゃ
はっ。失礼致しました。大佐であったら何とかなろうかとつい、先走ってしまいました。申し訳ございません
許そう。正直でよろしい。だが、二度目は無いと心得よ
はっ。それでは、お通しのご用意を致します
よろしい。できれば前菜と言って欲しかったが
お待たせ致しました。前菜のカニクリームコロッケでございます
待てい待てい!
こちらはお嫌いですか
そういう問題じゃない! 前菜といったら枝豆かサラダと決まっておる! いきなりコロッケなど食べたら胃がもたれて大変なことになる
左様でございましたか。つい、大佐ならいけるかと
やかましいのじゃ! 大佐じゃからといって何でもいけると思うな。これじゃから少佐はいつまで経っても少佐なんじゃよ
はっ。今の言葉、心に沁みました。これからは中佐を目指して頑張ります
よろしい。その心意気じゃ。それにしても、なぜカニクリームを出そうと思ったのじゃ。前菜の菜は野菜の菜じゃぞ。わしはお主の思考回路の構造が不思議でならん
ご説明しましょう。先ほどご指摘がございましたが、私は、あくまでお通しという前提でメニューを組んでいた次第でして
ならんならん。仮にお通しだったとしてもそれはおかしい

 

(続く)